忍者ブログ
ゲームを動画付きで紹介しています。 おもしろいゲームを知るきっかけになったり おもしろかったゲームを思い出すきっかけになっていただけるとうれしいです。
フリーエリア


人気ブログランキング

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

ゲームランキング

ふみコミュ

ブックオフオンライン

ブックオフオンライン






















最新コメント
[05/15 管理人です]
[05/13 管理人です]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
GameMemory
性別:
男性
バーコード
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

タイトル: ワンダと巨像
機種  : PlayStation2
ジャンル: アクション
メーカー: ソニーコンピュータエンタテインメント
備考  : 狩猟本能目覚める名作





生贄になって命を失った少女を蘇らす為に
古の地を訪れ 剣や弓を使って
複数の巨像と戦う事になる少年のワンダ

最初、まず巨像のいる所に行くのに苦労しました。
高い所にジャンプしてつかまったり反対側に飛び移らなければならなかったり
一度やりかたがわかってしまえば簡単ではありますが。
やっと巨像まで辿りつくと今度は
巨像をどうやって倒すのかまったく判らず
苦労しました、まさかよじ登って頭のてっぺんを突き刺す事になるとは
(巨像により弱点の場所は異なります。)
倒し方がわかると、これがまたおもしろい
狩猟本能に目覚めたような感じでしょうか
巨大なマンモスを食べる為に必死になって戦う原始人になったかのような
そういった気分なのかもしれません。


ワンダと巨像 PlayStation 2 the Best




PlayStation 3 ワンダと巨像


拍手[0回]

タイトル: 功里金団(くりきんとん)
機種  : PlayStation2
ジャンル: アクション(横スクロール)
メーカー: タイトー
備考  : YouTube動画一覧

----------------------------------------
タイトーメモリーズ 上巻 エターナルヒッツに収録された
功里金団のYouTube動画一覧
----------------------------------------



功里金団 (くりきんとん)全ボス攻略プレイ動画 前半

功里金団 (くりきんとん)全ボス攻略プレイ動画 後半

功里金団(くりきんとん)ラスボス覇王とエンディング動画

功里金団(くりきんとん)強すぎるラスボス覇王に何度も挑戦動画


----------------------------------------
何も入力せずに立ち止まっているとオーラをまといます
3段階までオーラのレベルをあげる事ができ
オーラの色は赤⇒黄⇒青と変化します。
オーラをまとった状態では敵の攻撃を受けてもダメージを受けません
しかし 攻撃を受けると オーラのレベルが1段階下がってしまいます。
それから オーラのレベルが高いほど 攻撃力も上がっている?
と感じます。

攻撃ボタンを押し続けて溜まった所で離すと
ドラゴンボールのジャン拳と
カメハメ波を融合したような技
グーチョキパーを発射する事ができます。

ボスキャラは北斗の拳に登場した強敵達(シン、サウザー、ラオウ)のような外見で
やはり北斗の拳の強敵のような技を使います。

ゲームオーバーの時は亀仙人のようなお爺さんが出てきます。

コンティニューはし放題です。
(仮想コインを投入し放題)



PlayStation2用 タイトーメモリーズ 上巻 エターナルヒッツ
(功里金団(くりきんとん)含むアーケードゲーム25タイトル収録)


Amazon タイトーメモリーズ 上巻 エターナルヒッツ


PS2用タイトーメモリーズ 上巻 参考サイト

拍手[0回]

タイトル: 北斗の拳
機種  : PlayStation2
ジャンル: 格闘アクション
メーカー: SEGA / 3D-AGES
発売日 : 
備考  : いまいちなゲーム





夕方 数時間
うたた寝をしてしまった為
夜眠れなくなって ゲームでもして眠くなるのを期待するかと思い
買った事すら忘れ タンスの肥やしになっていた
PlayStation2用の北斗の拳を発見しプレイしてみました。

セガMARKⅢ版の北斗の拳をリメイクしたゲームで
セガMARKⅢ版の北斗の拳も収録されていますが
今回はリメイク版をプレイしました。

雑魚キャラがワラワラと出てきてとにかく面倒くさい。
イライラします。

基本攻撃はバラエティが少なくひたすらパンチやとび蹴りをするだけ
あとパンチを3回位連続で押すと 勝手に百烈拳になるのですが
立ち止まって数秒出し続けるので
誰もいない所で発動されると煩わしい

敵に攻撃がヒットするか敵から攻撃されると必殺技のゲージが溜まって
必殺技を発動できるのですが
やっと溜まったゲージを消費して発動させたわりには
迫力や爽快さが無い。

こんな操作感でボスとの対戦も大しておもしろいわけでもなく

ステージの合間のストーリーがまた
製作者の勝手なアレンジがあって不快

あまりおもしろくなかったけど
とりあえず エンディングまでプレイしてしまいました・・・。
プレイ時間1時間~2時間程度。



Amazon SEGA AGES 2500 シリーズ Vol.11 北斗の拳



拍手[0回]

タイトル: NARUTO -ナルト- うずまき忍伝
機種  : PlayStation2
ジャンル: アクション
メーカー: バンダイ
備考  : おすすめ





NARUTOは漫画やテレビで見た事がなかったのですが
友人の家でPlayStation3用のNARUTOの体験版をプレイした時は
ハイクオリティなアニメの様な映像と派手な忍術の演出で
すごくおもしろいと思いました。

たまたまPlayStation2のNARUTO うずまき忍伝が 中古が480円で売っていたので
PlayStation3でプレイしたものと同じようなゲームかな?と思い
買ってみました
PlayStation3でプレイしたものと比べると映像がかなり見劣りするものの
なかなかおもしろいゲームだと思いました。

左スティックを入れたまま×ボタンを2回押すと
瞬間移動のようなダッシュをしたり
R1ボタンを押すだけで分身を2体(後に増やせる)まで出す事ができ
分身が敵の方に勝手に走っていって攻撃してくれたり
なかなかインパクトのあるアクションです。

与えられた任務 (荷物の運搬だったり何かの原因調査だったり)
をこなしていくゲームです。
マップの移動中やイベント時には戦闘が始まる事があり
打撃、忍術、飛び道具などを使って戦います。
それから任務を進めながら、
体力、スタミナ、忍術などを強化していくなどのRPG的な要素
があります。

使用するボタンが多いのでしばらくプレイしないと忘れそうですが
メインメニューの基本演習で操作の復習ができるのもれしいです。 




Amazon NARUTO-ナルト- うずまき忍伝






Amazon NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム2

拍手[1回]

タイトル: 機動戦士ガンダム 連邦VS.ジオン DX(デラックス)
機種  : PlayStation2 and アーケード
ジャンル: アクション(格闘 シューティング 要素)
メーカー: 開発 カプコン  発売 バンダイ
備考  : おすすめ おもしろいゲーム




PlayStation2用の 機動戦士Zガンダム エゥーゴ vs. ティターンズ
かなりおもしろかったので
初代ガンダム版がプレイしたくなり中古で購入しました。値段は299円でした。
アーケードモード、ミッションモード、対戦モードなどがあります。
アーケードモードは今から10年位前にゲームセンターでプレイして
「うわっおもしろい」と思ったゲームでした。

最初に 連邦軍かジオン公国 パイロット名 モビルスーツなどを決めるのですが
パイロット名でオマカセを選択すると アムロやシャアなどお馴染みのキャラが選択でき
ゲームを開始すると そのキャラの顔や声がたびたび登場する事になります。
画面前方に敵がいると 自動的にどれか一体をロックオンします。
○(丸)ボタンは押すたびに近くにいる敵のロックオンをチェンジします
□(四角)ボタンが射撃ボタンでビームライフルなどを放ちます。
△(三角)ボタンはビームサーベールなどの近距離武器で攻撃します。
×(ばつ)ボタンはジャンプします。
R1ボタンはバルカン砲などのサブウェポンで攻撃します。

アーケードモードやミッションモードの操作感は
機動戦士Zガンダム エゥーゴ vs. ティターンズと同じで非常に良いと思います。

アーケードモードの各ステージのクリア条件は
味方の戦力ゲージが0にならないようにしながら敵の戦力ゲージを0にする事です。
モビルスーツにより戦力が違うので
戦力の高いモビルスーツを倒すほど敵の戦力ゲージが大きく減ります。
味方の戦力ゲージが0にならなければ自機が倒されてもまた復活して戦闘に参加します。

立ち止まって攻撃するとどんどん攻撃されてしまうので
動きながら攻撃するのがポイントだと思います。
特に敵が攻撃した次の瞬間に攻撃すると
こちらの攻撃が当たりやすいと思います。

ミッションモードでのアクションはアーケードモードと同じですが
自分でミッションを選択してプレイできます。
ミッションによってはクリアすると新たなモビルスーツが支給されたりします。
アーケードモードとは違いホワイトベースを守るミッションがあったり
補給船を守るミッションなどがあります。
だんだんと強いモビルスーツが増えていくのがうれしいです。

連邦VS.ジオン DXは 歴代ガンダムゲームで売上No1らしいのですが
なるほどとうなずけるおもしろさだと思います。



PlayStation2 機動戦士ガンダム 連邦VS.ジオン DX


Amazon 機動戦士ガンダム 連邦VS.ジオン DX


拍手[0回]

タイトル: 機動戦士ガンダム
機種  : PlayStation2
ジャンル: アクション
メーカー: バンダイ
備考  : 操作性が悪い





PlayStation2用の 機動戦士Zガンダム エゥーゴ vs. ティターンズ
かなりおもしろかったので。
初代ガンダム版がプレイしたくなり
そういえば中古屋に500円以下の値段で沢山売っていた事を思い出し
さっそく見に行ってみました
友達の家でやった初代ガンダム版はひどい操作性だったので
間違えてそれを購入しないように注意して
5種類位あるなかから
サブタイトル無しの機動戦士ガンダム のパッケージの裏側に惹かれ
購入しました。値段は299円でした。
(ついでに299円のゲームを2つ購入しました。中古万歳。)
しかしこの機動戦士ガンダムの操作性は
機動戦士Zガンダム エゥーゴ vs. ティターンズとは比べ物にならないくらい
ひどい物でした
のろのろした視点変更 のろのろしたガンダムの動き
のろのろした射撃 ビームサーベルの融通のきかなさ。
(でもアマゾンのレビューではまぁまぁの評判)

後でネットで調べてみて
私が欲しかったのは きっと
カプコンが開発した
機動戦士ガンダム 連邦VS.ジオン DX だったのです。
これはアーケードからの移植の様で
むかしゲーセンでプレイしてかなりおもしろいと
思ったゲームだと思います。
なんでも歴代ガンダムゲームで売上No1みたいだし
近いうちに購入しようと思います。


PlayStation2 機動戦士ガンダム

Amazon 機動戦士ガンダム


PlayStation2 機動戦士ガンダム 連邦VS.ジオン DX

Amazon 機動戦士ガンダム 連邦VS.ジオン DX


拍手[0回]

タイトル: 機動戦士Zガンダム エゥーゴ vs. ティターンズ
機種  : PlayStation2
ジャンル: アクション(格闘 シューティング 要素)
メーカー: バンダイ(開発:カプコン)
備考  : おすすめ おもしろいゲーム




中古ゲーム屋でこのPS2番 機動戦士Zガンダムを発見しました。
値段は680円でした。
もしつまらなくてもこの値段ならいいかと買ってみました。

まずソフトを起動してオープニングテーマの懐かしさに感動しました。

そしてアーケードモードをプレイしてみて まず思った事は
「これにそっくりなゲーム昔アーケードでやった記憶があるぞ」でした
そしてその時けっこう面白いゲームだと思ったのです。
建物にかくれて攻撃をしのいだり
味方が攻撃されているのを助けたり
モビルスーツを操縦する気分をけっこう味わえる気がします。

アーケードモードは指定されたミッションを
次々にこなしていくのですが
ミッションモードは自分で選択していきます。
敵の機体を全滅させるミッション
敵の戦艦を撃沈させるミッション
味方の戦艦を守るミッションなどがあります。

ミッションモードは途中で選択したミッションにより
以降に選択できるミッションが変わったり
ミッションをクリアすると新たなモビルスーツが支給されたりします。
後半の頃にあるミッションで
敵のZガンダム2機を撃沈させなければならないミッションは
ものすごく難しいミッションでした
Zガンダムは攻撃力、耐久力が桁違いで
馬鹿みたいに何回も挑戦して やっとミッションをクリアしました。
(ちなみにこのミッションはクリアしなくてもエンディングに行けます。)
ひたすら飛び回って 敵の攻撃があたらないようにし
隙を見てビームライフルを撃つよゆう方法で戦いました。
このミッションをクリアするとZガンダムがもう一台手に入るのですが
「残りのミッションがろくに残ってないのに今頃手に入れられても
そんなに使えないじゃん」って所は残念でした。

全体的には
アクションの操作性が良く
操作方法がわかりやすい
ストーリやセリフも楽しめるので
なかなかおもしろいゲームだと思います。



PlayStation2 機動戦士Zガンダム エゥーゴ vs. ティターンズ


Amazon 機動戦士Zガンダム エゥーゴ vs. ティターンズ


拍手[2回]

HOME
カウンター
YAP
ブログ内検索
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
アクセス解析
Copyright © 2008 ゲームの思い出 All rights reserved.
忍者ブログ [PR]
Template by SOLID DAYS